炎座右衛門

物語を作ってます

ドンソン博士の冒険4

「わしはあんずの祖父にして村長のタケだ。ドンソンよ、ゆっくりしていってくれ」

 タケさん通称たけじいは白髭を生やした小柄な老人だ。そして僕はあんずの案内でふるつ村に来ている。なんだかんだ1時間ほど歩いた。村は総勢100人程度で現代では考えられないほど団結力があるように思われた。

 しばらくゆっくりした後、あんずと獲物狩りをすることになった。ひもと枝でできた原始的な弓と棒に尖った石ついた槍を持ち出かけることになった。獲物は鹿である。こんな道具で捕まえられるわけがないと言ったが、あんずは捕まえられるという。

 歩いているとすぐに鹿を発見した。僕は弓で狙うが全く当たらないそれに鹿は警戒心が強くすぐに逃げられてしまった。ところがあんずは発見する次第凄まじ投げやりで鹿を貫いた。

 鹿を棒に吊るして運んでいたら、謎の複数の人が接触してきた。

「おまえのしていることは未来を壊す行為だ、抵抗せず死ぬか、抵抗して死ぬか選べ」そいつらは僕に向かって脅してきた。時間を管理している組織がいるとは聞いていたが本当にいるとは。

「なぜ死ななくてはならない?未来を変えることの何が悪いのだ?」

 僕はできるだけ穏やかに応対した。

「未来の利益を守るためにおまえには死んでもらう」

「どいつもこいつも金のためか、ああうんざりするよ、金さえもらえればなんでもするお前たちにな、確かに金は大切だ、金がないと生きていくことはできない。だがなんでもできるお前たちが嫌いなんだ。だからお前たちに殺されるわけにはいかない」

「偽善者め、金こそが全て、金があればなんでもできる。金がなければ惨めになるだけだ。おまえの偽善は何も守れない」

 そう言うと謎の組織は銃口を向けた。それは現代またはそれ以上の銃だとみられる。

「ああ、目に見えるものは何も守れないかもしれない、けど僕が僕であるために譲れないやさしさがそこにあるんだ。正義でも偽善でもない強いて言うなら僕が僕であるための誇りだ」

「じゃ惨めに死ね!!」

 無数の銃弾が飛んでくる、僕は回避して木に身を隠しながら全速力で逃げる。あんずは大丈夫だろうか。巻き込んでしまった。金は悪くない悪いのは悪意の保身だ。ああまた、適当な正義を振りかざしたくさんの人を不幸にしてしまった。

 本当の優しさは保身を受け入れることなのかもしれない。弱さを許すことなのかもしれない。多様な性格を尊重することにあるのかもしれない。どれらけそれらに迫害されていようと。優しくすると決めたからには許す他に道はない。

 

 

 

ドンソン博士の冒険3

「どこの部族かしら?」

 僕は突然皮の衣を身に纏ったグラマーな女性に話しかけられた。僕は慌てふためき真実を話してしまった。

「未来から来ました、信じてもらえないかもしれませんが事実です、事実は小説よりも奇なり物事は複雑怪奇です」

 言葉が通じることに安堵しつつ、もっといい受け答えがなかったのか後悔した。

「あらそう、可笑しな人ね」

「そうです、私はおかしな人です、できればここら辺を案内してくれませんか?」

「いいわよ、未来人さん名前は?私はあんず、よろしくね」

「僕はドンソンと申します、あんずさん、よろしく」

「じゃとりあえずここは私たちのふるつ村とべじた村の境だわ、川を登ればふるつ村、降ればべじた村だわ」

 あんずさんは村の方角を指差しながら教えたくれた。ここは実に豊かで果物がなり川には大きな魚が泳ぎ村に囲まれているのも頷けた。

「あんずさんの村に案内してもらうことは可能ですか」

「案内できるけど殺されるかもよ」

「本当ですか!!」

「冗談よ」

あんずさんは笑えない嘘をつき、ビビった僕をみて笑っていた。

「わらえませんよ、あんずさん」

「ドンソンが怯えすぎなのよ、あなたが思っている以上に人は優しいものよ」

「優しいですかね?僕は僕を含め人の身勝手さに疲れています」

「そうね、ドンソン、人は完璧ではないわ、不完全を受け入れることが優しさの交換には必要かもしれないわ、だって自分の不完全を受け入れてくれる人が優しい人でしょ?」

「そうですね、相手の不完全も自分の不完全も受け入れる。仕方がないと、そうなるべき人生だったと、そうならざるおえない人生だっだと、そうせざるおえない人生だっだと」

「うん、人はみんな違うんだよ遺伝子も成育環境も性格も、だから身勝手には理由がある。一概に優しくないと決めつけるのではなく、寛大に受け入れて思いやりを持つことが重要かもね」

「でもあんずさん受け入れ難いですよ」

「受け入れ難いのがドンソンの性格だから受け入れなくてもいいかもしれないわね、いつか受け入れられる人に出会えるかもしれないわ」

「すごく優しい人を助けにこの時代に来たんです」

「そうなんだ、でもどんなに受け入れ難くても思いやりを忘れないことが人間関係を円滑に進めるには必要なことよ、みんな満身創痍だから私たちぐらい優しくないと辛いだけじゃない」

「感情を抑えて情熱と思いやりをもって優しく接することが強さなのかもしれませんね、みんな疲れているから」

 僕とあんずはふるつ村を目指し歩みを進めた。

 

 

 

ドンソン博士の冒険2

 原始時代に来てから全く寝たい時間に寝れない。頭が騒がしくて寝れない。さぞかし不安なのだろう。獣に襲われないか、原住民に囚われないか、怯えて暮らす日々は睡魔に襲われるまで寝ることができない。逆に睡魔にさえ襲われればどんなに最悪なタイミングだってなることができる。つまり睡魔は電池切れだ。

 変えたい未来まで2000年近くあるからそこまで急ぐ必要はない。だから僕はきのみを食べ、動物を狩り、川の水を飲み生活している。この辺は獰猛な魔物がいなかったのでとても暮らしやすい場所だ。

 f:id:jih:20210502014740j:image

 穏やかだ。ここには僕の平穏を脅かすものはないように思われた。でも僕には変えなくてはいけない未来がある。それは片時も諦めない勇気を持ち続けることだ。諦めないことに心変わりしないことに意味がある。

 過酷な旅に出かけよう。諦めないということは望みが叶うまで絶望し続けることだ。いや素晴らしい旅だ。望みはあるが望みを叶えることが全てではない。ありのまま経験できる全てに意味がありそのような道のりこそが人生なのだ。

 一見人生は無意味だが人を愛したり、仕事を愛したり、夢を愛したりと様々の暇潰しが用意されたいる。他者の要求と自己の性質をうまい具合に噛み合わせることができれば割と自由度のあるゲームだ。

 このゲームには時々イベントが発生する。そういう時は戸惑うがやり過ごせば大概のことはなんとかなるだろう。気負う必要はないありのままでいることが最も重要なのだ。

 ありのままでいることがなぜ重要なのかというと、ありのままではないということは何かに苦しんでいるといえるからだ。だがらありのままでいられる努力をしよう。本末転倒のようだがそうではない。

 例えば腹が減ってもお金がなければ食えない、だからありのままで働ける職場を見つける努力をする。この現実と自己の擦り合わせが重要だと思われる。ただ現実に従うのではなく自己と擦り合わせ、適応していくことが人間が目指すべき道なのかもしれない。

 社会は厳しく、人間は自分勝手で、僕らはいつだってこの居心地の悪さに絶望する。でも大丈夫、人生は無意味であり世界は僕らを縛れない。とことんありのままを見つけよう。

 そんなふうなことを考えなから草原に寝転んでいた。前方には川が流れていて太陽の光が反射して綺麗だ。川のせせらぎを心地いい。人は何に注目するかで心地よさが変わるようだ。ずっと心地いいものに注目していたいものだ。

 

博士ドンソンの冒険1

 どんなにやる気があろうと勇気があろうと、自信がなければ何もできない。それが人間だ。原始時代にクマとわざわざ戦わない合理的な遺伝子を持つものが生き残ってきたからだろう。だから僕は彼女を救えなかった。僕自身は危機的な状況に陥ることなく、生きるか死ぬかの選択ではない助けるか助けないかの選択だった。助けないに決まっていたなぜなら自信がなっかたからだ。今でも助けようとしたところで99%助けられないと思っている。

 だがやっとタイムマシーンが完成した。僕は彼女を助けにいく。僕は自分の命を不合理に使えるように出来ていない。この選択をできると言うことはある程度自信があると言うことだろう。なぜなら人間とは目標達成できる自信がないと無意識に避けてしまう生き物だからだ。

 これは認知的不協和という心理現象だと思う。目標達成できないという推測(否定思考)が目標を達成するための行動(肯定行動)を変えてしまう。

 そういえば僕の目標は彼女を救うことではなく、過去に行きたいだった。だから僕はこうして行動に移すことができているのだろう。薄情者だ、だけど薄情者にならないともっと薄情者になってしまう。まるで物欲センサーのようにこの世界の人類は手に入れたいものは手に入らないようにプログラミングされているようだ。

 いや言い変えると、手に入りそうにないものは手に入れようとしないようにプログラミングされている。でもそこには抜け道があると思う。手に入るそうにないのなら、めちゃくちゃ簡単で生きているだけで達成できそうな目標を組みこくことだ。例えば素手でクマを狩りたいのなら、クマを安全なところから観察したいという目標を組み込み、それからクマを罠にかけたいという目標に移行して、そこまでできたらファイトできるようになっているかもしれないといった感じた。

 では香歴2200年から香歴100年にタイムスリップすることにしよう。僕は丸いポットに乗り込み時間の向きを変えた。

 時間は等速で巻き戻る。それからポットは光速で回転し超早送りで2100年前の原始時代に到着した。

 そこは人工物が一切ない自然だけの豊かな世界だった。草木は生い茂り、動物の鳴き声と川のせせらぎが僕の耳を満たした。こうして人間に自信がなくても本当に手に入れたいものを諦めないで追い求められる勇気の遺伝子を生み出す旅が始まった。一度きりの人生本当に守りたいものを守ることが至高だと信じて。

勇者ゼルの冒険10

 魔王ゾンビマスターは俺が闇のエネルギーを逃れたことに驚嘆している。

「さすがここまで来ただけのことはある、だが絶望を積み重なるものだ」

 また俺は魔王の闇のエネルギーに飲み込まれた。

 俺はもう疲れた。魔王を倒すと言う気力はもう残っていない。あるのは楽をしたい、この苦しみから逃れたいという思いだ。無敵を倒すという途方もないことに完全に諦めている。

「そうだ、それでいいお前は勝てない、お前は努力できない、お前はポンコツだ、お前は逃げる、俺が楽をさせてやるからついて来い」

 また闇の俺が姿を表し、俺にそう囁く。

「確かに俺はできないことがたくさんある、だが出来ることだってある、できないことばかりを見ても苦しむだけだ。できることで戦うのさ」

「お前に何ができるというのだ?」

「俺は……パージを使える」

「それは魔王に効かなかったじゃないか?」

「使い方を間違っていた。俺はパージを作ることはできない、できるのは心にあるパージをそのまま表出することだけだった」

「それがわかったところで勝てるとは思えないが?」

「いや、勝てるさ、もう飾る必要も、心のパージを制御する必要も無くなった。心のパージは無限なんだ。」

 どうやらまた俺は闇のエネルギーを退けたみたいだ。ありのまま表出するのはうまくいくか不安だ。でもそれが一番強いのは確かだ。

「魔王、心のパージをくらえ」

 俺の心から出てきたのは苦しみ、不安、望み、期待、絶望だった。それは虎として形になり、魔王を爪で切り裂き食った。

「おのれ、この俺が食われるだと!」

 魔王の最後の言葉はこれだった。完全にパージに包まれて消滅したらしい。心をありのまま曝け出すことが大切だったと思う。

 人は常に自分ではないすごい自分になろうとすると思う。しかしそんな自分は存在しない。存在するのはできないことがたくさんある自分だ。それを理解して自分らしさを最大限活かせるところに勝機があると思う。

 自分らしさを最大限活かしても勝てない敵は出てくる。それでも自分らしさ以外に自分の能力を発揮できることはないと思う。他にあるとしたらそれは本当は存在しないすごい自分だ。

 すごい自分は万能だ。なんでもできる。何にでもなれる。苦痛なんて感じない。でもそんなのは存在しない。できないことばかりで、何ににもなれなくて、苦痛を感じはのが本当の自分なんだ。これからは本当の自分を理解してありのまま使うと決めた。

 

 

 

 

勇者ゼルの冒険9

 魔王ゾンビマスターの斬撃をもろに喰らう。俺の鎧は砕け散り、血潮が飛ぶ。圧倒的な強さを前に俺とクレナは何もできずにいた。ゾンビマスターは闇魔法を使い、闇魔法を帯びた斬撃飛ばし俺たちは逃げ場を失っていた。斬撃は魔城に柱を壊した、高いところにある窓から月明かりが差す。

 クレナが氷魔法で応戦する。闇の斬撃を氷のつぶてをぶつけて無効化する。そも攻防は苛烈を極め最後には闇の斬撃がクレナを切り裂いた。クレナは後方に飛ばされ倒れた。

「クレナ!!」

 俺は倒れたクレナを抱えた。

「私はもう戦えそうにないわ、私の魔力を使って」

 クレナはそう言うと手を握り魔力を俺にくれた。その魔力は俺にとんでもない力をくれた。その力で俺は渾身の攻撃を放つ。

「パージ・ジャッチメント」

 俺とクレナの魔力をこめた。斬撃が凄まじい速度と威力でゾンビマスターに直撃した。

「やったか?」

 俺はとてつもない威力でゾンビマスターを倒せたかもしてないと思った。

「ふははは、そんな攻撃でこの私がやられるとでも思ったか?」

 魔王ゾンビマスターは無傷でそう言った。身に待とう外套すら傷一つついてなかった。

「どうして傷一つついていない!?」

「私は無敵なのだよ、不死であり故に不老だり故に無敵なのだよ、お前も私の糧となりたまえ」

 そう言うとゾンビマスターは両手を掲げ闇のエネルギーを頭上に生み出した。

「このエネルギーはこの世の闇を具現化したもので、この闇に飲み込まれたら君は悪に飲み込まれ魔物になり私の使い魔になるであろう」

 そしてその闇のエネルギーが俺を飲み込んだ。逃げる余地はなかった。そのエネルギーはそこにあるようで実のところどこにでも存在しているようだった。

「ここはどこだ?」

 俺は誰もいない真っ白な空間で問う。

「ここはお前の心だ」

 邪悪な顔つきをした俺が現れそう言った。

「どうしたら魔城に戻れる?」

「お前は戻れない」

「なぜ」

「お前は俺に勝てないからだ」

「なぜ戦う必要がある」

「お前が俺を受け入れないからだ」

「邪悪な心を受け入れるわけにはいかない」

「お前が俺を認めない限りお前は自己の矛盾に苦しみ、自己を否定して自尊心がなくなり絶望に溺れるだろう」

 邪悪な俺がそう言うと黒い水が俺を飲み込み俺は溺れた。

 

 目を覚ますと目の前には邪悪な俺がいた。

「俺を受け入れる気になったか」

 邪悪な俺がそう言った。

「受け入れない戦い続ける、感情は制御するもの、欲望は調和するもの、自己は高めるもの、絶望は乗り越えるもの」

 俺は元いた場所に戻ってきた。

勇者ゼルの冒険6

 突然大きな影に覆われた。それは空を飛ぶ巨大なドラゴンだ。そのドラゴンは赤黒く凄まじい咆哮で異様な存在感を放つ。ドラゴンが俺たちを標的にしているのは明白で鋭い眼巨大な体躯を俺たちに向ける。

「クレナ、あのドラゴン絶対、俺たちに狩ろうとしれるよな」

「そ、そうね、あのドラゴンはレッドドラゴンで火を吹くわ」

「勝算はありそう?」

「ないわ、普通なら軍で討伐する敵よ、私たち二人でなんとかる敵ではないわ、でもやるしかないわ」

「そう、俺たちは戦うしかない」

 そう言って俺とクレアは上空のドラゴンを見上げ武器を構えた。するとクレアの俺の双刃の剣よりも少し長い杖の先端が光を帯びる。

なんと杖からどんでもないレイザー光線が爆音と共に放出される。

 ビィィィィ

 そのレイザー光線はドラゴンを飲みこみ雲に穴を開けた。

「そんな技を隠してたのかクレア」

俺は驚いてそう言った。

「別に隠していたわけじゃないわ、ただ上空に向けて撃たないと危険だから使わなかったのよ」

「確かに雲を貫いていたし、どんな魔法なんだ?」

「ジャッチメント・レイという魔法よ、この魔法か君のパージと同じように私にしか使えない魔法よ」

 会話をしていると三体の新しいドラゴンが現れた。その三体は俺たちに火を吹き俺とクレナは業火に包まれた。三方向から逃げ場のない火炎に包まれる中クレナがアイスウォールで半球の壁を作り軽いやけどで済んだ。

「いよいよ危機的な状況ね」

 とクレナが言う。 

「レイザー光線はまた使えるか?」

「あと一回使えるわ」

「とりあえず一体やっちゃってくれ」

「わかったわ」

 そう言うとクレナは氷の壁の中からジャッチメント・レイを放つ、それは一匹を消しとばし、一匹に甚大なダメージを与えた。さすが雲をも切り裂く威力だ。

「ナイス、クレナ!あとは俺が倒す」

 全魔力を剣に込める。

「パージ・インフィニティー

 剣から光の斬撃が飛びたし残りの2匹に命中して倒した。

 その衝撃で剣がバラバラになってしまった。なので俺は剣を作ることにした。クレナに承諾を得て剣作りに励むことになった。

 クレナは剣なら買った方がいいわと言うが俺には譲れないこだわりがある。それは少し重いのとあまり折れない強さがだ。

 だから俺は剣を作ることに情熱を注ぐことにした。魔王を倒すのはそのあとだ。我が剣なくして討てる敵ではない。俺は情熱を持ち鉄を叩く。精一杯の力をこもて剣の形にしていく、そしてより強く。